FC2ブログ

08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

沖縄離島 -多良間島- 

こんにちは

先日、自宅で写真データの整理をしていましたら、
以前旅行で行った沖縄離島の写真がでてきてとても懐かしくなりました


宮古島や石垣島以外の小さな島は、行く機会がない方も多いのでは と思い、
私が行ったいくつかの島から、ご紹介させて頂こうと思います


場所は、沖縄本島のもっと南側にある宮古諸島と八重山諸島です

地図


宮古諸島 多良間島(たらまじま)

ちょうど宮古島と石垣島の真ん中に位置しており、
フェリーもでていますが、私は宮古島から飛行機で行きました

39人乗りのこんなに小さな飛行機で所要時間は20分

IMG_0139.jpg

島のほとんどがサトウキビ畑と牧場で、目立った観光スポットはない、のどかな島です

IMG_0360.jpg
IMG_0197.jpg

観光客も他の島に比べると少なく、集落を離れればほとんど人にすれ違いません

ですので、どこのビーチに行っても、どの時間に行ってもだいたい貸切状態
物思いにふけるにはもってこいです

1_2014092609093270d.jpg
2_20140926090934843.jpg

多良間島では初体験の連続で、その一つが ヤシガニ です

IMG_0293.jpg

ヤドカリの仲間で日本では沖縄、宮古、八重山の各諸島に生息しているそうです。
近年は数も少なくなって、買うとなると大きいものでは20,000円 くらいするとか

蟹やエビと同じで、茹でると赤くなります
IMG_0300.jpg

味は蟹に似ていますがもっと濃厚で、特にミソは絶品でした
少し生臭い感じもありますので、好き嫌いが別れるかもしれませんが、
機会があれば一度お試しください


もう一つは、オトーリ という宮古地方に伝わるお酒の飲み方です

メンバー内で親を決め、親からつがれたお酒を飲み、そのグラスを隣の方へバトンタッチ
隣の方も親からからつがれたお酒を飲み、また隣へ・・・
そして1周したら親が隣の方へ移って、また1周して・・・
と、エンドレスに続く・・・ 飲み方です

なんでも、オトーリは悪習だと思った宮古島の議員さん達は、「オトーリ禁止令を作ろう」と
議論しながらオトーリをやっていたという逸話もあるぐらい、好きな飲み方だそうですよ

観光客を交えるときは、薄くお酒をつくってくれますが、
それでもお酒に自信のない方は遠慮した方が良いかもしれません


---------------------------------------------------------------------------------------

多良間島の方は、こちらが観光客であろうとすれ違う度に必ず挨拶をしてくれたりと、
とても温かい気持ちになれる島でした

宮古島へ旅行に行く際は、多良間島まで足を延ばされてみてはいかがでしょうか



それでは、またの機会に別の島もご紹介できればと思っています
是非ご期待ください 



アライアンスサービス株式会社 http://www.alliance-service.jp/
株式会社アライアンス http://alliance-e.co.jp/

Posted on 2014/09/26 Fri. 10:26 [edit]

category: 未分類

TB: --    CM: --

26

九州ビアフェスティバル2014 

こんにちは

今年の夏は、太陽の出ない日が続きましたね
日照時間が、平年の3割程度だったそうですよ

一昨日は十五夜
夏をあまり感じることなく秋になってしまったようで、少し寂しくも感じます



さて、先日 九州ビアフェスティバル2014 に行ってきました

9月3日(水)~7日(日)の5日間、福岡市役所前ふれあい広場 で開催された
九州最大級のクラフトビールの祭典です

15.jpg


実は私が行った日は、ものすごい大雨だったんですが
テントがいくつも設置されていたので、難なく ビールを堪能することができました

2_2014090413484459c.jpg
3_20140904134847cd2.jpg

皆様は、クラフトビールってご存知ですか

私は、なんとなくは聞いたことがあっても、普通のビールとの違いを
はっきりとは知らなかったので、これを機に調べてみました


クラフトビールとは、小規模なビール醸造所でビール職人さんが造っているビールのことです

日本では、1994年にビールの酒税法が改正されて、最低製造数量が2000キロリットルから
60キロリットルへ規制緩和されたことで

4大メーカー以外の小規模なビール製造会社が次々にでき、地ビールブームが起こりました

ただ当時は、醸造技術が未熟で高い品質が維持できず、金額が高いだけで
美味しくないビールも多かった、などの理由からブームが沈静化

しかし近年は品質も向上し、個性豊かなビールが製造されてきたことが
今の人気に繋がったんだとか

そして、品質を重視して、ビール職人さんが手塩にかけて造るビールを、
昔の地ビールとは違う、おいしいビール、と差別化するために
クラフトビールと呼ぶそうです


なるほど ですね

4_20140904134849cf1.jpg

今回のビアフェスティバルは、そういった全国各地のブルワリーが14社、
50以上の銘柄が揃っていました

九州では、杉能舎霧島ビール宮崎ひでじビールなど

配られていたガイドブックに詳しく説明が載っていたので、
どこのどのビールを飲んでみるか、結構真剣に選びましたよ

DSC_2121.jpg

「ピルスナー」や「ペールエール」といったクラフトビールの定番から
チョコや日向夏、スイカ、かぼす、紅いも、などの個性的なものまで幅広くあって、
同行者とシェアしながら、飲み比べが楽しい祭典でした

キャプチャ


これからは旅行先などでブルワリー(ビールなどを醸造する 場所)があれば色々試してみて、
お気に入りのクラフトビールを見つけたいなっと思います


皆様もぜひ、色々飲み比べをしてみてはいかがでしょうか



アライアンスサービス株式会社 http://www.alliance-service.jp/
株式会社アライアンス http://alliance-e.co.jp/

Posted on 2014/09/10 Wed. 08:41 [edit]

category: 未分類

TB: --    CM: --

10